2013年04月03日

小田急電鉄が喜多見電車基地内で太陽光発電。電力事業に参入!

東武鉄道も佐野線葛生駅の貨物ヤード跡地で太陽光発電事業に着工したり、東京メトロの地上駅でもホーム屋根にパネルを付ける計画があるなど、太陽光発電がブームです。鉄道会社は車庫や予備地、敷地跡など広い土地を持ってるので、今後の展開も期待できそうですね。


小田急電鉄が太陽光発電事業に参入、喜多見電車基地敷地など活用

小田急電鉄はこのほど、太陽光発電事業への参入を発表した。東京都世田谷区の喜多見電車基地内と周辺施設に太陽電池パネルを設置し、発電した電気は「再生可能エネルギー固定価格買取制度」にもとづき、東京電力に売電する。

太陽電池パネルは同基地内や周辺建物の屋上・屋根部分などの未利用スペースに合わせて2,588枚を設置。一般家庭約160世帯分に相当する、年間約57万9,000kWhの電力を供給する。年間CO2排出削減量は約269トン。9月に着工し、2014年2月に完成予定。同年3月の運用開始をめざす。
(マイナビニュースより)


posted by カミガタ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 小田急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

鉄道会社で進む太陽光発電事業。小田急電鉄も新規参入
Excerpt: 鉄道会社は実はかなりの土地を持っています。車庫や予備地、敷地跡などです。 最近の例で言うと、 ・東武鉄道が佐野線葛生駅の貨物ヤード跡地で太陽光発電事業に着工 ・東京メトロが地上駅でホーム屋根にパネルを..
Weblog: サイエンス好き!
Tracked: 2013-04-03 00:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。