2013年04月09日

東急東横線でWebで募集、選出されたデザインを車体にプリントした電車が運行

全面ではなく、一部分というのがキャンバスぽくっていいですね。


東急電鉄、公募した車体デザイン案を実際にペイントした特別電車を運行中

東急電鉄は、東急東横線・東京メトロ副都心線の相互直通運転を記念して公開しているWebコンテンツ「PAINT TRAIN」内でコンテスト「PAINT TRAIN CONTEST」を行い、集まった車体デザイン案の中から16点を選出。東急東横線の車体にプリントし運行している。

「PAINT TRAIN」は、東急東横線の車体にデザインを施す仮想体験ができるWebコンテンツ。スタンプで図形を、カラーパレットで色を指定して、車体にオリジナルの図柄を描くことができる。このたび、同Webコンテンツ内で行われた作品コンテスト「PAINT TRAIN CONTEST」で集まった作品4,110点の中から厳選した16点を、実際に東急東横線の車体にプリントした。1両に2作品を掲載した8両編成の列車が実際に走行しており、運行時期は8月末までを予定している。

なお、「PAINT TRAIN」のコンテンツに関してはコンテスト終了後も引き続き楽しむことができる。
(マイナビニュースより)


posted by カミガタ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。