2015年12月02日

駅の発車標を再現。列車の運行情報を表示するデスクトップアクセサリー「LED発車標」 JR5社・私鉄23社などに標準対応。“運転見合わせ”などを音声で通知する機能も

鉄道ファンにとっては、発車標が選べるカスタマイズ機能が楽しい!


駅の発車標を再現。列車の運行情報を表示するデスクトップアクセサリー「LED発車標」
JR5社・私鉄23社などに標準対応。“運転見合わせ”などを音声で通知する機能も
「LED発車標」は、列車の運行情報を表示できるデスクトップアクセサリー。Windows Me/2000/XP/Vista/7/8/10に対応するフリーソフトで、ベクターのライブラリサイトからダウンロードできる。

 自宅へ帰ろうと駅へ向かったが、列車が運転見合わせになっていて帰れなかった――そんな経験をしたことがある人は少なくないだろう。「LED発車標」は、そんなユーザーのために開発されたデスクトップアクセサリーだ。

 本ソフトを利用すると、鉄道各社がWebサイトで提供している列車の運行情報を定期的に取得し、駅の発車標風にスクロール表示することが可能。通常は現在時刻が表示されるので、時計代わりだと思えば邪魔にはならない。

 運行情報の取得に対応する鉄道会社は非常に豊富で、2015年9月1日現在、JR5社・私鉄23社・地下鉄5社局・新交通システム8社局が標準でサポートされているとのこと。首都圏であれば、初期設定のままで十分役に立つだろう。もしいつも使っている路線が未対応であっても、手動で運行情報ページのURLを記述すれば独自に対応することが可能だ。

 さらに、本ソフトは“運転見合わせ”などのテキストを赤く強調表示したり、音声で通知する機能を搭載。PCで作業をしていても列車の遅延や運休といった情報を見落としてしまうことがないだろう。もし詳細な情報が気になる場合は、右クリックメニューから鉄道各社の運行情報ページへアクセスできる。

 また、全国各地のさまざまな路線の発車標を再現したスキンが多数収録されており、好みでスキンの着せ替えができるのもポイント。最寄りの駅やいつも使っている路線の発車標にしてみるもよし、見知らぬ路線の発車標を試してみるのもよし。鉄道マニアでなくても楽しめるのではないだろうか。このスキンは自作も可能なので、もし目当てのものが見つからない場合は自分で作ってしまってもよいだろう。
(窓の杜より)


posted by カミガタ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

PC画面で鉄道の運行情報が見れるデスクトップアクセサリ「LED発車標」
Excerpt: これは鉄道・PC好きにはデスクトップを華やかにしてくれるアイテムとして嬉しい。 駅の発車標を再現。列車の運行情報を表示するデスクトップアクセサリー「LED発車標」 JR5社・私鉄23社などに標準対..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2015-12-03 01:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。