2015年12月11日

岡山市長、JR岡山駅東口広場への路面電車の平面乗り入れ案に理解を求める

色んな意見があるでしょうが、個人的にはやってほしいです。吉備線のLRT化と接続できるようになってるとなおいいですね


路面電車平面案「にぎわい増す」 岡山市長、駅乗り入れで見解
岡山市の大森雅夫市長は8日、JR岡山駅東口広場への路面電車の平面乗り入れ案に対し、岡山駅前商店街から歩行者の流れを妨げるとの懸念が示されていることについて、先行都市の事業実績から周辺のにぎわいは増していくとの考えを示して理解を求めた。

 市議会個人質問で平面案の効果を尋ねた松島重綱氏に答えた。市長は「広島市の横川駅、熊本駅、高知駅などで(平面で)乗り入れたところ、路面電車利用者が増えた。横川では駅前広場全体の景観整備なども行い、駅前の商店街活性化につながった」と答弁。「岡山でも広場乗り入れで利便性を増し、魅力を向上させれば、多くの人が集まり、回遊性やにぎわいが向上する」との見方を示した。

 また、三木亮治氏の質問に、山崎康司都市整備局長は「計画案では(既存の)岡山駅前電停を残すことで、本町や駅前商店街に行く人の利便性を確保する」と説明した。

 平面乗り入れ案は既存の駅前電停から広場まで軌道を延ばし、岡山駅舎前に電停を新設する。同商店街振興組合は11月20日、計画案に反対する要望書を市に提出している。
(山陽新聞より)


posted by カミガタ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 路面電車・LRT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。